最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

科学立国の危機―失速する日本の研究力

  • 5 読みたい
  • 90 現在読んでいるもの

発行元 岩本宣明 .

    Download 科学立国の危機―失速する日本の研究力 本 Epub や Pdf 無料, 科学立国の危機―失速する日本の研究力, オンラインで書籍をダウンロードする 科学立国の危機―失速する日本の研究力 無料で, 本の無料読書 科学立国の危機―失速する日本の研究力オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 科学立国の危機―失速する日本の研究力 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  豊田長康
    • 発売日:  2019年02月01日
    • 出版社:  東洋経済新報社
    • 商品番号:  4652238901001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    科学・工学分野の論文数・日本は6位に後退、中国が初の首位

    「日本の科学力失速、地位危ない」と英ネイチャー誌が警告!


    論文数(人口あたり)、大学の研究資金・研究者数、博士課程学生数……

    いずれも先進国で最低レベルにまで急落した日本。


    日本の科学研究の現場でいま何が起こっているのか。どうすれば競争力を取り戻すことができるのか。

    科学力・研究力の低下は、10年後、20年後の社会・経済にどのような影響を及ぼすのか。


    国立大学財務・経営センター理事長として、大学経営の実態や研究現場の声を徹底リサーチした著者が

    日本の科学研究力の実態を明らかにするとともに、失速の原因、再生の青写真について、豊富なデータをもとに明らかにする。


    【主な内容】

    序 章 失速する日本の科学研究力


    第1章 学術論文数は経済成長の原動力


    第2章 日本の科学研究力が危ないーーノーベル賞ゼロ時代の危機


    第3章 論文数は“カネ”次第ーーなぜ日本の論文数は減っているのか


    第4章 政府の科学研究政策はどうあるべきか


    第5章 すべては研究従事者数(FTE)に帰着する


    第6章 科学技術立国再生の設計図ーーイノベーション・エコシステムの展開


    終 章 研究力は地域再生の切り札となる


    参考文献

あなたも好きかもしれません

科学立国の危機 失速する日本の研究力 by 岩本宣明 ダウンロード PDF EPUB F2